超強力な胃腸薬もあります

市販で販売されている胃腸薬には、様々な種類があるのですがその中には超強力な商品もあります。 一般的に、H2ブロッカーであればある程度の胃の痛み、むかつきなどを改善してくれるので、効果的な薬として普及しているのですが、症状次第ではそれが効かないという場合もあります。 例えば、食前はそれほどでもなかった胃の痛みが、食後になって急に強くなることや、外出した時に急に襲ってくる胃の痛み、さしこむ痛みで寒気すら感じるほどに苦痛になることなど何とかして痛みをとりたいという状況も出て来ることがあります。 この場合に用いることで胃腸の異常な緊張を和らげ、胃酸の分泌を抑え、痛みを鎮めるのが、胃腸鎮痛薬と呼ばれる種類の薬です。この薬は、胃腸のけいれんを鎮めるブチルスコポラミン臭化物を配合しているので、強い痛みにも効果があります。強い胃痛だけではなく、腹痛やさしこみにも効果があります。 このような場合には、胃腸鎮痛薬であれば超強力な作用があるので、痛みを緩和したり改善したりできます。突然の痛みに対しても、効果を発揮してくれる超強力な薬ですので、いざという時に知っておくと役立ちます。普通の整腸剤や健胃剤などでは、これほどの超強力な作用はありません。 用途が違っているので、さしこむ強い痛みやきりきりとした繰り返す痛みには、このような胃腸薬であればその効果を発揮してくれるので、急な痛みや外出先での抑えたい痛みでも良く効きます。 しかし、これを服用しても一時的な改善でしかない場合には、早めに医療機関を受診するようにするのが賢明です。一般的な食べ過ぎや胃酸過多で強い痛みが出た場合には、この薬で痛みを鎮めることが出来ます。

長期的な胃腸薬の摂り過ぎは禁物

胃腸薬といえばどこの家庭でも市販の商品があることが多い代表的な薬です。 しかし、市販の商品を気軽に買えるということから、常備薬として長期的な服用を続けるのは禁物といわれることがあります。まず、透析療法を受けている人や腎障害のある人などの場合には、長期服用によって制酸剤に含まれているアルミニウム成分が体内に蓄積してしまいます。 そのために、アルミニウム脳症やアルミニウム骨症、腎結石などの疾患がおこることがあり得るため、長期連用は避ける必要があります。胃腸薬といってもやはり医薬品ですので、単に漫然と服用するのではないことを理解しておきましょう。 食べすぎやもたれ、胸やけなどの症状が出た時だけの服用を心がけましょう。市販されている胃腸薬の場合には、その飲み方が詳しく書かれているので、薬によって長期的な胃腸薬の取り過ぎは禁物というものがあります。 具体的に、長期というのが何日間であるがというのも、それぞれの商品に書かれているものもあるので、熟読しましょう。不明な場合には、購入したドラッグストアなどで薬剤師に説明を受けるようにしましょう。あくまでも、市販で購入できる胃腸薬は自己責任で服用するため、飲み方についても正しい方法を理解したうえで適切に服用するようにしましょう。 ポイントとしては、症状があるときだけに胃腸薬の服用して、改善されたら服用はしないという飲み方を守るようにすれば問題ないと言えるでしょう。 胃腸薬は、安易に飲める家庭の常備薬という印象が強いのですが、特定の疾患がある方には特に注意が必要です。特定の疾患があり、かかりつけ医がある場合には、できるだけ医療機関で処方してもらうのが安心だと言えるでしょう。

他の薬と胃腸薬を同時に服用する時に気を付けたい事

他の薬と胃腸薬を同時に服用する時に、気をつけておきたいことがあります。 病院で複数の薬を処方されることは、よくあります。例えば、風邪の治療で解熱薬と咳止め薬、胃腸薬を一緒に処方されることですが、このような場合は医師が安全な組み合わせを考えて薬を処方しているので問題なく服用できます。 また、ほかの病気では、医師の判断で複数の薬を用いて、相互作用を利用して治療により効果を上げるようにすることもあります。この場合でも、医師が治療の効果と安全性を考慮しています。次に、相反する作用の薬の飲み合わせには注意が必要なことがあります。 複数の薬が、反対の作用をもつ場合に薬を一緒に飲むと、お互いの効果が減ってしまうので、治療の効果がみられなくなることがあります。また、薬の成分が結びつくことで、吸収されにくいものに変化してしまうことで、期待されるような治療の効果が得られないケースもあります。 具体的には、抗菌薬を服用しているときに、胃酸を中和するタイプの胃腸薬を同時に服用すると、抗菌薬の効果が弱まるといわれています。有害なケースもあり得るので、ほかの薬と胃腸薬を服用する場合には、医療機関で医師が安全な組み合わせで処方している場合を除いては、注意が必要です。 そのためにも、いつも飲んでいる薬について知っておくことが大事です。高血圧や糖尿病、心臓病などで毎日薬を飲んでいる場合、医師から一緒に飲んではいけない薬をあらかじめ聞いておきましょう。 特に、市販の風邪薬や鎮痛薬、胃腸薬は、何も思わずに服用してしまうことがあるので、病気で治療中の方は注意をしておきましょう。そのために有効なのがお薬手帳の活用です。 不明な点は、薬局で薬剤師に相談をしたり説明を受けたりすることができるので便利です。 胃腸薬というと気軽に飲める印象を持っている人が多いのですが、同時に服用する場合には気をつける必要があることを理解しておきましょう。

ページトップへ