みぞおちが痛い、過敏性腸症候群に最適な胃腸薬

みぞおちが痛いという症状がある時は、胃腸の異常が疑われます。
みぞおちが痛くなる原因には、食べすぎ飲みすぎや刺激の強い食べ物を食べたことで胃酸が多く分泌されて胃の粘膜を傷つけている場合や、胃潰瘍、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍などの病気が原因である場合などがあります。
これらのみぞおちの痛みを症状とする胃の異常では、胃酸が過剰に分泌されることで胃の粘膜に炎症が起こり、胃痛や胸やけなどのつらい症状を引き起こしているケースが多いので、胃酸の分泌を抑えたり、胃の粘膜を保護する作用を持つ胃腸薬を使って治療をすることになります。
みぞおちが痛くて胃の不調が疑われる時は、症状がまだ軽い内はドラッグストアなどで胃腸薬を買って飲み、自宅での治療を試してみるのも良いですが、痛みが長く続いたり激しい痛みの時は重大な病気である怖れもあるため、早めに医師に診てもらいましょう。
一方、過敏性腸症候群は近年よく名前を聞くようになった病気ですが、主にストレスが原因で下痢や便秘の症状を慢性的に繰り返し、検査をしても炎症や潰瘍といった病気は見つからないという患者さんがこの病名で診断されます。
過敏性腸症候群の人が不調を治すためには、下痢の症状が出ている時は下痢止め、便秘の時は健胃消化薬、便秘や軟便に困っている時は整腸薬というように、対症療法時に胃腸薬を使い分けるのが良いでしょう。
そして、過敏性腸症候群の人は神経質や真面目な性格の人が強いストレスにさらされることで発症している場合が多いとされるので、胃腸薬で症状を抑えるだけでなく、心療内科や精神科を受診してカウンセリングを受けたり、抗不安薬などを処方してもらうことで病気自体が良くなる場合があるので、これらの病院の受診を検討してみるのがおすすめです。

ページトップへ