胃が重い胃腸の不調?胃腸薬を飲んでも不調なら病院へ

ストレス社会と言われる現代では、仕事や身近な人間関係からストレスを感じる人が多く、胃の調子がすぐれないといったことを経験したことがある人も多くいることでしょう。暴飲暴食や生活習慣、食生活の乱れによっても、胃は大きな影響を受けます。胃腸は第二の脳と言われるように、食べたものを消化したりする役割だけではなく、ホルモンの生成にも関わる重要な機能を持っています。そのため、健康であるためには、胃腸のコンディションを整えることが大変重要となります。胃腸の不調と言っても、様々な症状があり、原因もそれぞれ異なります。食べ過ぎや飲み過ぎで胃が重いと感じたり、ムカムカしたりといった症状から、ストレスや緊張により胃がキリキリ痛むということもあります。胃腸の調子が悪い時の手取り早い対策はやはり胃腸薬の服用です。胃腸薬を服用する際に注意しなければならないことは、自分の症状に合ったものを選んで飲むということです。胃腸薬には弱った胃の働きを助けるもの、消化を助けるもの、胃酸の分泌を抑え胃の粘膜を保護するものなどに分けられます。総合胃腸薬と呼ばれるものはこれらの働きが一緒になり様々な症状に対応できるようになったものであり、いくつかの症状が気になる場合にはオススメです。しかしながら、非常に多くの胃腸薬が薬局やドラッグストアで販売されており、正直どれが自分に合っているのか迷ってしまうこともあると思います。総合胃腸薬と言っても、メーカーや薬により成分や成分の配合も異なるため、よくわからない時は薬剤師に相談をしてから購入するようにしましょう。胃腸薬を服用しても症状がなかなか落ち着かなかったり長く続く場合は、病気が潜んでいる可能性もあります。体からのサインを見逃さずに、ちょっとでも気になることがあれば、病院で医師の診察や適切な検査を受けるようにしましょう。

ページトップへ